今日は宝塚記念 本命馬は2頭 予想と買い目

CHELSEAです。

今日は宝塚記念。

今週書いてきた展望記事をもとに予想を組み立てた。


この記事を書いているのは土曜日なのだが、当日の馬場がどうなるか気になるところだ。

今回書く予想は良馬場前提である。

当日馬場が渋らないことを祈る。


メンバーを見ても特にスターホースと言える馬も居らず、GⅠ馬の参戦もとても少ない状況。

予想は混迷を極め、本命馬を1頭に絞ることができなかった。


今回はダブル本命制で馬券を組んでみた。

それでは早速本命馬から見ていこう。


本命馬①

本命馬1頭目は
「ダンビュライト」とした。

父 ルーラーシップ
母父 サンデーサイレンス 
父ルーラーシップはキセキの時にも説明したように問題なさそう。 母父サンデーサイレンスはキングマンボ系と相性がいいので、こちらもプラス材料。 この馬は2200m戦のAJCCで勝っているように、非根幹距離が得意。面白そうな存在だ。

【宝塚記念 人気馬血統考察】記事より引用


血統的に見ても、重馬場はこなせる血統構成で、重馬場での好走実績もある事から、万が一馬場が渋っても対応できるだろう。

鞍上の武豊は阪神芝2200mを得意としているジョッキーの一人。

ここまで買いの要素が揃えば、本命馬として相応しい馬ではないだろうか。



本命馬②

本命馬2頭目は
「サトノダイヤモンド」だ。

父 ディープインパクト
母父 Orpen
父は好走種牡馬のディープインパクト。 母父Orpenは欧州型のDanzig系。 良馬場は勿論だが、仮に渋った馬場になっても、血統的には問題なさそうだ。 この馬自身、能力面は高いものを持っているが、近走の不調具合がとても気になるのは私だけではないだろう。 前走の大阪杯は、内枠が響いたと考えているが、それにしてもといった内容。 今回は鞍上がルメールに戻るので、もう一度大阪杯のレース映像を見直し、取捨選択をするつもりだ。 メンバーの中で実績は間違いなくナンバーワンなので、相対評価で見たときにどうかといったところだ。

【宝塚記念 人気馬血統考察】記事より引用


前走大阪杯のレース映像を見直したが、この馬の凡走理由は、向こう状面でマクる馬が多く、前を走るスマートレイアーがペースについて行けなくなり、位置を後ろに下げる形になったことが原因。直線は外に出し間に合わないというチグハグなレースだった。

今回の枠順を見てみても、すんなりと先行できそうな枠の配列。前走のような競馬にはならないだろう。

今回は休み明けだが、この馬の休み明け成績は3-0-2-1と得意としているレースローテ。

鞍上もルメールに戻ることから、前走よりもプラス要素が多数。

単勝オッズ4倍の1番人気ならば買って妙味あり。

能力の違いを見せつけてほしい。


相手には

相手候補1頭目は
「パフォーマープロミス」

父 ディープインパクト
母父 タニノギムレット 

父は好走種牡馬。 母父はロベルト系で欧州型なので、今回の舞台は合いそう。 上がり馬で勢いがあり、この馬も非根幹距離が得意。 鞍上戸崎がどう出るかだが、先行できて終いの脚もしっかりしているので、狙ってみても面白そうだ。

【宝塚記念 人気馬血統考察】記事より引用

血統的にも馬場が渋っても心配ない。

抜群の枠を引いたこともあり相手候補とした。


相手候補2頭目には
「ストロングタイタン」。

父はフォーティーナイナー系で、母父マイナー系という非主流血統。

血統的には強く推せないが、選定理由の大きな要素は鞍上。

川田Jは阪神芝2200mの好走率が70%近い。当然ベタ外でプラスになる。

人気馬の多くが不安要素を抱える中で、この馬が一発穴をあけてもおかしくない。

前走鳴尾記念は、今回と同じ阪神芝内回りコースで勝利。

200m距離延長となれば、前で競馬ができる可能性も高くなるだろう。



予想印まとめ

◎ダンビュライト
◎サトノダイヤモンド
△パフォーマープロミス
△ストロングタイタン



馬券の買い方

Dプラン ワイドフォーメーションを使用する。

◎◎→◎◎△△

合計5点で資金を多めに投入し勝負だ。


馬券が的中して収支がプラスになったときは、これを飲もう。
負けたら新ジャンルだ。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000