宝塚記念 出場ジョッキーのコース別成績について考察する。

CHELSEAです。

今週は宝塚記念。

出場ジョッキーが決定したので、宝塚記念が行われる阪神芝2200mのジョッキー別コース成績を考察する。

データは阪神芝2200m単勝オッズ1〜50倍まで。複勝率順。宝塚記念出場騎手のみに限定。

好成績を残しているのは

好走率・回収率共に優秀な数字を記録しているのは、川田、Mデムーロ、武豊。
特に川田は複勝70%近くを誇り、単勝回収値200を超え、複勝回収値も120を超える素晴らしい成績だ。
武豊もベタ買いでプラスになるので、この舞台を得意としている。

松山も好走率・回収率共に優秀な成績だが、勝率は低い。


苦手としている注意するべき騎手は

とにかくルメールが危険なジョッキーとしてあげられる。
好走率・回収率ともにかなり低い数字だ。
人気のある馬によく乗っている中でこの数字なので、このコースをかなり苦手としていると言ってもいいだろう。
今回は人気馬の1角、「サトノダイヤモンド」に騎乗する。
かなりのマイナス要素となりそうだ。

他に人気馬に乗るジョッキーでは、戸崎、福永が、あまりいい成績ではないことは覚えておいたほうがいいだろう。


最後に

今回は宝塚記念に出場するジョッキーの、阪神芝2200mのコースデータを考察してきた。
以外にも人気馬に乗るジョッキーは、このコースを苦手にしているジョッキーが多く、この観点から見れば波乱要素が多くあると見られる。
血統など、色々なファクターを考慮して、日曜日には最終決断を下したいと思う。
春ラストのG1宝塚記念。
しっかりと的中させて、夏競馬を迎えたいところだ。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000