今週は宝塚記念 過去好走馬の血統構成を考察する

CHELSEAです。

今週は宝塚記念。

いつものように過去5年宝塚記念好走馬の血統傾向について見ていこうと思う。


1つ言いたい事があるのだが、大阪の地震があったからと言って、宝塚記念を中止にするのはやめてください。自粛なんてする必要はない。是非とも開催して、馬券の売上の一部を被災された方の役に立つように、寄付するなどの対応をJRAにお願いしたい。

では早速見ていくとしよう。
上記の表は、過去5年宝塚記念好走馬の血統を表したもの。
昨年と一昨年は稍重で行われている。

毎年馬券になっているのはディープインパクト産駒。ディープインパクト産駒というだけでアドバンテージがある。

次いでTサンデー系の好走が目立つ。

馬場が渋るとスクリーンヒーロー産駒やマルジュ産駒といった、欧州型の種牡馬の好走が目立つようになる。
今年の宝塚記念は恐らく重馬場になるので注意が必要だ。

次にこちらをご覧になってもらいたい。
このデータは過去3年阪神芝2200m良馬場で行われた種牡馬別のコース成績である。
なお単勝オッズは1〜50倍までとしている。

データ数が少ないので、少し信憑性にかけるかもしれないが、キングカメハメハ産駒の成績がずば抜けている。

Tサンデー系のマンハッタンカフェ産駒の成績も見逃せない。ただ勝率は低い。

もう一点気になるのは、シンボリクリスエス産駒とアーネストリー産駒の好走率の高さと回収率の高さ。
この2頭の共通点は、サイアーラインにロベルトの血を持つ、ロベルト系種牡馬である点。
ロベルト系種牡馬産駒には注意が必要だ。
ちなみに昨年2着のゴールドアクターは、スクリーンヒーロー産駒でロベルト系だ。

最後にこちらのデータにも目を通しておこう。

このデータは、稍重・重・不良馬場で行われた、過去5年阪神芝2200mの種牡馬別コース成績だ。

このデータも単勝オッズ1~50倍までとしている。


馬場が渋った場合も、キングカメハメハ産駒とディープインパクト産駒は強い。

他のデータを見ても欧州型の血統が強いという点では、良馬場時と違いは感じられない。

馬場が渋ったからといって、特別考え方を変える必要はないだろう。


今日調べたことをまとめておこう。
・とにかくディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒は、このレース、このコースに強い。
・サンデー系の中でも、Tサンデー系種牡馬産駒の成績が良い。
・ロベルト系の種牡馬産駒も好成績をあげているので、注意が必要。
・全体的に欧州型の血が入った馬が強い。
・馬場が渋っても、特に血統的な傾向は変わらない。
これらの点に注意して、予想の武器にしたいと思う。

次回は人気馬の血統構成を見ていくので、是非ともご覧になってもらいたい。


負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000