函館スプリントS 人気馬血統考察

Chelseaです。
今週は函館スプリントS。

前回の記事は函館スプリントS過去好走馬の血統構成の傾向について書かせてもらった。
その記事はこちら。

今日は上記記事を基に、今年の函館スプリントSで人気になることが予想される馬の血統構成を見て、所見を述べたい。

まずは今年人気馬となりそうな馬は下記の通りだ。

ナックビーナス
ダイアナヘイロー
ワンスインナムーン
セイウンコウセイ
キングハート
(netkeiba予想オッズより引用)

それでは1頭ずつ見ていくとしよう。


【ナックビーナス】
父 ダイワメジャー
母父 More Than Ready

父ダイワメジャーは好走血統のPサンデー系。
母方もアメリカ血統で、いかにも短距離馬といった血統構成だ。
この馬自信洋芝での重賞で掲示板に載ったこともあり、実績も適性も兼ね備えている。
1番人気になりそうだが、無理に嫌う必要はなさそうだ。


【ダイアナヘイロー】
父 キングヘイロー
母父 グラスワンダー

父はリファール系、母父はロベルト系で共に欧州型のスタミナに溢れた血統構成だ。
函館スプリントSはスピードが必要なので、この馬には向かないだろう。
馬券に入れるかは微妙なところだ、


【ワンスインナムーン】
父 アドマイヤムーン
母父 ヘクタープロテクター

父はフォーティーナイナー系、母父はミスプロ系で、ミスタープロスペクターのクロスを持つバリバリのアメリカ血統だ。
洋芝経験はないが、血統的な裏付けがあるのと、スプリンターズステークスで3着になるなど、スピードとパワーを持ち合わせている。
厚い印を打ちたいと考えている1頭だ。


【セイウンコウセイ】
父 アドマイヤムーン
母父 Capote

父はフォーティーナイナー系、母父はボールドルーラー系と共に米国型。
函館スプリントSへの適性は高そうだ。
ちなみに去年の当レース4着馬。
ただ高松宮記念を制して以来、成績を大きく落としており、もう終わった感もある。
ここで人気になるのならば、嫌ってもいいと考えている。


【キングハート】
父 オレハマッテルゼ
母父 マイネルラヴ

父はサンデー系で、あえて言うならPサンデー系と考えており、母父はミスプロ系で米国型。
血統的にはあまり問題がなさそうだ。
昨年の当レース2着なので、適性は折り紙付き。
前走高松宮記念は10着だが、勝馬とは0.6秒差とあまり離されておらず、着順ほど負けてはいない。
G1でも形になるレースをしており、ここでも能力上位。
厚い印を打ちたいと考えている1頭だ。


【まとめ】
今日は函館スプリントSで人気になることが予想される馬の血統について考察してきた。
今のところ本命候補は
・ワンスインナムーン
・キングハート
この二頭だ。

1番人気になりそうなナックビーナスは、特に嫌う要素もなく相手候補。
ダイアナヘイローとセイウンコウセイについては消し候補となりそうだ。

後はジョッキーと枠が確定してから、最終結論を出したいと考えている。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000