今週は函館スプリントS 過去好走馬の血統構成を考察する

CHELSEAです。

今週は函館スプリントS。

いつものように過去5年好走馬の血統構成を見ていこうと思う。


函館開催が始まると、夏競馬も本格的に始まったという実感がわいてくる。

幸先よく馬券的中といきたいところだ。

それでは早速見ていくとしよう。

上記の表は過去5年函館スプリントS好走馬の血統構成をまとめたもの。
気になった点は、次の通りだ。
・種牡馬に関しては、非サンデー系の活躍が目立つ。特に米国型。
・米国型の中でも、ミスプロ系、ヴァイスリージェント系には注目。
・サンデー系の中では比較的主流ではない、Pサンデー系種牡馬の好走がほとんど。

次にこちらをご覧いただきたい。

このデータは、過去3年函館芝1200m良馬場単勝オッズ1~50倍の条件でフィルターをかけた種牡馬勝利数ベスト10。

要するに種牡馬別のコース成績だ。


やはりこうやって見てみても、スピードに特化した種牡馬が目立つ。
狙いどころとしては、Pサンデー系や米国型の血を引き継いでいる産駒となる。

ただ例外的に、スタミナに特化したサンデー系種牡馬であるTサンデー系のマンハッタンカフェの名前がある。
この馬の産駒は、好走率・回収率共にかなり優秀な数字。
今年は1頭だけマンハッタンカフェ産駒がいるので、気になる方は買い目に加えておいたほうがよさそうだ。

今日調べたことをまとめておこう。
・狙いはミスプロ系やヴァイスリージェント系といった、米国型のスピードに長けた種牡馬。日本の主流であるサンデー系種牡馬産駒の好走は目立たない。
・サンデー系で狙えるとしたら、Pサンデー系。
・スピードタイプの種牡馬産駒の活躍が目立つ中、例外的にスタミナタイプのマンハッタンカフェ産駒の好走率・回収率が高い。

今日調べたことを、週末の馬券検討に活かしていく。



負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000