今週はエプソムカップ 過去好走馬の血統背景を考察する

CHELSEAです。

今週はエプソムカップが東京競馬場にて行われる。

いつものように当レース過去5年の好走馬から傾向を割り出してみるとしよう。

上記の表は、過去5年エプソムカップ好走馬の血統表である。

この表を見て感じるのは、

・ディープインパクト産駒やTサンデー系産駒が強い。

・ダンチヒ系産駒がよく穴を演出。

・母父には米国型の前向きな血統がよい。

過去の傾向として、目についたのはこういった所だ。


次にこの表を見てほしい。

この表は、今開催東京芝1800m好走種牡馬ベスト10である。(勝ち数順)


この表を見て気付いたのは、

・キンカメ産駒、ルーラーシップ産駒が上位を独占。この2頭はキングマンボ系という共通点がある。

・エプソムカップ過去の傾向と同じく、ディープインパクト産駒やTサンデー系産駒が強い。


この2点が、目についた所だ。

特にキングマンボ系種牡馬には注意を払ったほうがいい。

6位のロードカナロアもキングマンボ系である。



今日調べた事を基に、馬券検討を行っていく。
次回は、今日調べたことと照らし合わせて、人気馬の血統考察を行っていきたいと思う。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000