今日は安田記念

CHELSEAです。

今日は安田記念。

今週考察してきたことを基に、予想を組み立ててみた。


まだ考察記事を読んでいない方は、是非ご覧になってほしい。

では早速本命馬を。

本命はサングレーザーとした。

サングレーザーの血統構成は

父 ディープインパクト

母父 Deputy Minister

ディープインパクト産駒は、安田記念で何度も好走馬を出している血統。 母父は米国型ノーザンダンサーとの相性がよく、母父Deputy Ministerはヴァイスリージェント系で、米国型のノーザンダンサー系で文句なし。 血統の裏付けからも、初の東京マイルはこなせそうだ。 

今回の出走馬は逃げ馬が少なく、スローペースになると見ている。

差し馬の当馬には不利になるように感じるが、スワーヴリチャードがマクリ馬。

マクる馬がいるときは、総じて先行馬が崩れやすい。

そういった展開になると、この馬の出番だ。

初の東京だが、勝ち負けは十分いあり得るだろう。


他に買いたいと思う穴馬もいなかったので、今回の馬券の買い目は、このサングレーザーの複勝1点勝負で臨む。


念のため相手候補もあげておく。

・ペルシアンナイト

・リスグラシュー

・サトノアレス

以上の3頭がおすすめの相手馬だ。

スアーヴリチャードが入っていないのだが、やはり初のマイル戦という部分で不安が残るので、推奨しないことにした。

相手に選んだ馬は全て人気馬。

今年の安田記念は、そこそこ堅く収まるレースになるのではないだろうか。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000