今週は日本ダービー、過去の血統傾向を考察する

CHELSEAです。

今週は日本ダービー。

いつものように、日本ダービー過去5年の血統傾向を見ていこう。


下の表は、過去5年日本ダービー好走馬の血統構成をまとめたもの。
これを見て、話を進めていく。

ディープインパクト産駒強し

ディープインパクト産駒が、ほぼ毎年馬券になっている。
2015年にはサトノラーゼンが穴をあけており、決して無視できない血統だ。
ただ今年の3歳馬は、新種牡馬の台頭が目立っており、ディープインパクトは春のクラシックで苦戦中。
今年のダービーはどうなるか?


ロベルト系

近4年は、ロベルトの血を持つ馬が馬券に絡んでいる。
2014年と2015年は人気薄が馬券圏内に来ており、注意が必要だ。


キングカメハメハ

2017年と2015年はキングカメハメハ産駒から勝馬が出ており侮れない。
今年の3歳馬は、キングカメハメハの孫に当たる馬が活躍している。
ロードカナロア産駒やルーラーシップ産駒がこれに当たる。
キングカメハメハ産駒もだが、キングカメハメハ系の馬にも注意を向けておこう。


サンデーサイレンス系を狙うならTサンデー系

ディープインパクト以外のサンデー系を狙うなら、サンデー系の中でもスタミナタイプの「Tサンデー系」がいい。
スピードタイプの「Pサンデー系」産駒は、過去5年で1頭しか馬券になっていない。
イスラボニータなのだが、母系にはスタミナ色の強い血が入っていた。


まとめ

とにかく2400m戦らしく、欧州特有のスタミナタイプの血がないと、好走は厳しそうだ。
過去5年を振り返っても、欧州の血を持たない馬は、馬券になっていない。
重要なポイントなので覚えておこう。

好走率が高そうな血統を、下記にまとめておく。
・ディープインパクト産駒
・父が母父にロベルト系
・キングマンボ系産駒、とくにキンカメ系
・Tサンデー系

今日調べたことを参考に、予想を組み立てていこうと思う。


負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000