オークス、人気馬血統考察

Chelseaです。
今週はオークスということで、先日好走馬の血統傾向について、考察記事を書かせてもらった。

この記事をもとに、今年のオークスで人気馬となることが予想される馬について、私の考えを書きたいと思う。

人気が予想される馬は下記の通り。
・アーモンドアイ
・ラッキーライラック
・サトノワルキューレ
オッズ的には3強といった感じになりそうだ。

それでは1頭ずつ見ていくとしよう。

アーモンドアイ

父 ロードカナロア(キングマンボ系 欧)
母父 サンデーサイレンス (サンデーサイレンス系 日)
といった血統構成。

父ロードカナロア自身好走実績があるのはマイル線まで。
母父サンデーサイレンスで母母父はダート系のヌレイエフで米国型。

オークスはスタミナ色の強い血統の馬が有利なので、血統的にとても東京芝なら2400mが向いているとは、お世辞にも言えない。

ただ母フサイチパンドラ自身はオークス2着というところが、この馬のもどかしいところで取捨に悩むところ。

どちらにしても血統を軸に予想している立場としては、本命にすることはないだろう。


ラッキーライラック

父 オルフェーヴル(Tサンデー系 日)
母父 ライラックアンドレース(フォーティーナイナー系 米)
という血統構成。

父オルフェーヴル自身の父はステイゴールドで、母父はメジロマックイーン。非常にスタミナが豊かな血統構成だ。

母父はフォーティーナイナー系にあたるので、とても前向きなスピードが溢れた血統。

スピードとスタミナのバランスがとれた血統構成と言えるだろう。

父オルフェーヴルはオークスと同じ舞台の日本ダービー勝馬。
こういった点でも、血統的な裏付けはある。

普通に厚い印を打つ予定だ。


サトノワルキューレ

父 ディープインパクト(ディープインパクト系 日)
母父 Roi Normand(レイズアネイティヴ系 米)
という血統構成。

母父が米国型なので、父がディープインパクトとはいえスタミナ不足は否めない。

過去の傾向を見ても、確かにディープインパクト産駒の活躍は目立つが、母父が米国型の馬の好走馬は人気馬ばかりだ。

あとは能力次第。
この馬自身フローラステークスを勝っているので、能力自体は高そう。

阪神芝2400mでも勝っているので、距離も経験済み。
あとは東京2400mという舞台が合うかどうか。
どちらにしても本命の印は打ちづらいところだ。


評価

今日見てきた3頭のなかで、1番評価が高いのは、「ラッキーライラック」。

アーモンドアイは血統的には推せないが、とにかく能力が1枚も2枚も上。

サトノワルキューレは、血統的には良くもなく悪くもないといったところだが、2400m戦で勝っているので、安定感はありそう。

他の人気薄の馬も見てみないとわからないが、今のところは人気どころでレースが決着しそうだというのが、自分の見解。

あとは週末までに、穴馬の選定をしていく。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000