今日は天皇賞(春)

Chelseaです。
今日は天皇賞(春)。
血統派としては、いいところを見せたい。

狙いは「Tサンデー系」種牡馬。
特にハーツクライ。
母父には、米国型の種牡馬がイチオシ。

長距離戦だけに内枠有利になるだろうと予想。
脚質は先行馬狙い。

狙いとしてはこんなところか。

本命は「チェスナットコート」。
前走日経賞は2着。
今回叩き2走目で上積みも期待できる。

鞍上は引き続き蛯名J。
蛯名Jは京都の長距離戦が大得意。
過去に天皇賞(春)では「フェノーメノ」を、菊花賞では「ウインバリアシオン」を馬券圏内に導いている。

父はイチオシ種牡馬の「ハーツクライ」。
母父は米国型種牡馬の「クロフネ」と血統背景は文句なし。

内枠を引いたこともプラス材料で、近走は上がり上位の脚を連発していることから、ラストはきっちり伸びてくるだろう。

人気もなさそうなので、今回はこの馬で「一発」を狙ってみるのも面白そうだ。


相手には4頭。
・シュヴァルグラン
・レインボーライン
・サトノクロニクル
・カレンミロティック

「シュヴァルグラン」は父ハーツクライ、母父マキャベリアン(米国型)で、血統背景に文句なしなのだが、前走の負け方は適距離にないにせよ負けすぎ。
2年連続で当レースで馬券に絡んでいるので、消しにはできなかったが、さすがに本命にもできなかった。

ジョッキーが、JCで勝ったときの「ボウマンJ」なので、そこがどう影響するか。
一応馬券には入れるが、あまり旨味はない。


「レインボーライン」は、父ステーゴールド(Tサンデー系)母父フレンチデピュティー(米国型)で好走血統に該当する。

今の京都芝は、差しが決まりやすい馬場となっており、この馬にはプラス材料。

菊花賞では2着となっており、京都の長距離戦は守備範囲だ。

昨年の天皇賞(春)では大敗しているが、今年は大きくメンバーレベルが下がるので、能力的にもメンバー中上位。

3着以内に入る可能性は高いと見ている。



「サトノクロニクル」は父ハーツクライが好材料。
母父がインティカブという馬でロベルト系。少しスタミナよりの印象だが、インティカブ自身の母父がクラフティプロスペクターで米国よりでもあるので、血統背景はまずまず。

阪神大賞典では不利を受けての2着で、それがなければ勝っていただろう。

前先行競馬も差し競馬も臨機応変にできるので、買いやすい1頭だ。


最後に「カレンミロティック」。
父ハーツクライ。
母父エーピーインディー(米)
一昨年と3年前に当レースで穴を開けており、当然好走血統に該当。

週始めの段階では、馬券に入れるつもりはなかったが、絶好枠を引いたことで一気に評価が変わった。

勝負強い鞍上にも期待。
一発あってもおかしくない。


予想印

◎チェスナットコート

〇サトノクロニクル

▲レインボーライン

△シュヴァルグラン

△カレンミロティック


買い目

単勝◎

ワイド流し

◎→〇▲△

〇→▲

何が起こるかわからない長距離戦。

今回はタテ目も押さえておく。





負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000