天皇賞春へ向けて、過去の傾向考察

CHELSEAです。

先週のマイラーズカップは残念な結果となった。

馬場は上手く読めていたが、血統傾向を見抜くことができなかった。


土曜日は欧州系の血統の馬がよく穴をあけていたが、日曜日当日は米国型ノーザンダンサー系の血を持つ馬がよく走っていた。


馬場は生き物で、刻一刻と変化している。

傾向の変化が出たところで、気づかなければならない。


今週は天皇賞春が行われるが、肝に銘じてやっていきたい。


さて今日はその天皇賞春に向けて、過去の傾向を探って行こうと思う。

どんな特徴の馬が穴をあけているのか。


まずは血統面から見ていこう。

血統面で気づいた点は

・Tサンデー系種牡馬の好走

過去5年の天皇賞春で穴馬になっているほとんどの馬がTサンデー系。

その中でも多くを占めるのが、ハーツクライだ。

父がハーツクライというだけで、買いのポイントとなりそうだ。

相性の良いBMSは、米国型の血統だ。

米国型はスピードに優れている、

Tサンデー系のスタミナと瞬発力、米国型のスピードが馬合わさった配合の馬が、京都芝長距離には合うのだろう。

とにかくTサンデー系は毎年穴馬が出ているので、特に注意しておきたい。


脚質的にはやはり前が有利。

番手で言うと、3コーナーで4番手には位置しておきたい。

ただ、先週は差し馬有利の馬場となっており、当日までの傾向にチェックが必要だ。


枠は内枠が有利。

4枠から内を狙っていきたい。

ただこれも当日までの傾向に注目だ。


前走距離は2500m以上を使われている馬が穴馬の条件だ。

極端な距離延長の馬は嫌うべきだろう。


過去の傾向で目についたところは、こんなところだ。

今日調べたことを馬券検討に活かしていく。


負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000