今日はマイラーズカップ

Chelseaです。
今日はマイラーズカップ。

過去の傾向を重視するのか。
それとも土曜日の傾向を重視するのか。

迷ったが、やはりフレッシュデーターである土曜日の傾向を重視することとした。

京都の開幕週といえば内枠先行有利が定説だったが、近年はエアレーションの影響で、開幕週からタフな馬場になることが多くなってきている。

そして開催が進むにつれて、内が踏み固められ、内枠有利になっていくのだ。

今回の京都開催も、その傾向が出ていると見ている。

例年とは違い差し馬有利と見て、本名馬を決断した。


本命は「ブラックムーン」。

血統は土曜日の好走血統。
父がミスプロ系のアドマイヤムーン×母父がニジンスキー系で欧州型のスタミナタイプでピッタリ。

脚質は末脚を活かすタイプの差し馬。
枠も真ん中あたりを引いており、どんな競馬でも対応可能。

今年の京都金杯(京都芝1600m)で、コース実績もあり。

近走は、上がり最速を連発しており、終いは確実に伸びてくる。
今のタフな京都芝なら届くだろう。


相手は4頭。
「ロジクライ」
父はハーツクライで、マイラーズカップの好走血統でもあり、土曜日の好走血統でもある。
すんなりと先行できる器用さがあり、前が残る展開になれば。

「ベルキャニオン」
ディープ産駒。
内枠の先行馬。
過去の傾向で見れば、ピタリと好走条件が当てはまる。
関東馬だが、堀厩舎で一発に期待。

「ムーンクレスト」
この馬もブラックムーンと同じアドマイヤムーン産駒で母父が欧州血統のサドラーズウェルズ系。今週の馬場に合いそうだ、
前走は着順こそ悪いが、勝馬とはそんなに差がない。
今回は輸送がないのも後押し材料。

「エアスピネル」
父がキングカメハメハでキングマンボ系→ミスプロ系。
母父がサンデーサイレンスで、母母父がノーザンテーストで、今の馬場だと少しスタミナが足りない印象。
ただ能力はメンバー中でもかなり上位と見て、押さえておくことにした。


買い方はCプラン
単勝+ワイド流し。
トリガミになる買い目は、馬連とする。


負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000