桜花賞へむけて、先週の阪神芝コースの傾向

Chelseaです。
今週は桜花賞。
馬券的中へ向けて、先週の阪神芝コースの傾向を見ておこうと思う。
脚質、枠、血統の傾向を見ていこう。

脚質面

開催が進むにつれて、差しが決まるようになり、馬券に絡んだ馬のうちの半数以上が差し馬。
来週も先週と同じBコースで行われることから、この傾向は躊躇に出るだろう。


内外ほぼ互角だが、内枠がやや有利な結果となった。
最近の馬場はエアレーション効果で、開幕週のほうがタフな馬場の事が多い。
ある程度開催が進んできたことで、内の馬場が踏み固められ、内がより走りやすくなったと考えられる。
この事からも、外差しは決まりにくくなってくるだろう。

血統面

スタミナ型のサンデー系種牡馬を父に持つ馬の好走が目立った。
例としてはハーツクライ、ステイゴールド、マンハッタンカフェなどが挙げられる。
ディープインパクト産駒の好走も目立った。
もう一つの傾向としては、サンデーサイレンスの血を持つ馬を中心に馬券になっている。
阪神芝らしく、主流血統が強い傾向だ。

まとめ

脚質、枠、血統の傾向を見てみたが、阪神競馬場は週中で雨が降るようだ。
おそらく稍重より道悪の馬場になるので、傾向はガラッと変わる可能性もある。
道悪になると、ヨーロッパ血統馬に期待ができるかもしれない。
難しい週になりそうだが、レースをじっくりと観察して「桜花賞」へと望みたい。

負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000