今日はGⅠ大阪杯

CHELSEAです。

今日は大阪杯。

JRAは本当にいい時期に古馬GⅠを作ってくれた。

天皇賞(春)の格が落ちるかもしれないが。

この時期に古馬中距離戦のGⅠがあるのは本当に嬉しい。

土曜日のダービー卿CTは馬券的中となった。

大阪杯も馬券的中といきたい。


それでは早速本命馬を。

シュヴァルグランにした。

土曜日の阪神芝コースの傾向を見てみると、父がスタミナ型サンデー系種牡馬で母父がミスプロ系という組み合わせの馬がよく穴をあけていた。

シュヴァルグランの血統構成は、父がスタミナ型サンデー系種牡馬のハーツクライ。母父がミスプロ系で傾向とピタリと合う。

土曜日の阪神芝内回りコースは内枠の馬がほとんど馬券圏内を占めており、2枠4番に入ったこともプラス。

大阪杯は例年距離短縮馬が来ているというデータもあり、この馬は前走有馬記念という部分でも合致する。

距離不安説があるが、一応2000mでは馬券圏内を外していない。

唯一の不安点は鞍上の三浦が遠征騎手という点。

ただ最近の調子自体はいいので、何とかなる。

単勝オッズも10倍近くつくので、今回が買い時だろう。


相手には3頭。

まずはダンビュライト。

過去の大阪杯の傾向として、キングマンボ系が穴をあけることが多い。

この馬は父がキングカメハメハでキングマンボ系。

前走AJCCを快勝しており、距離短縮という部分もプラス。


2頭目にはサトノダイヤモンド。

阪神2000mはとにかくディープ産駒の庭。

今回はディープ産駒が4頭いるが、サトノダイヤモンドをピックアップした。

2000mという距離が不安だが、能力はメンバー中ナンバーワンだろう。

叩き2走目で上積みも見込める。


相手3頭目はヤマカツエース。

昨年の大阪杯3着馬。

父は好走血統キングマンボ系のヤマカツエース。

近走は着順も悪く、能力が低下したのかと思っていたが、前走金鯱賞では高レベルのメンバーの中4着と奮闘した。

叩き2走目は得意で、内枠を引いたこともプラス。

人気落ちの今回が買い時と読んだ。


買い方はBプランの単複+ワイド。

単複でシュヴァルグラン。

ワイドは本命シュヴァルグランから相手3頭に流す。


負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000