私が単勝・複勝・ワイド馬券を選ぶ理由

CHELSEAです。
今日は私が勝負馬券に選んでいる、単勝・複勝・ワイドについての考え方を書いておこうと思う。

馬券選びは競馬で勝つ上でとても重要な要素の1つ。
予想にばかり目を奪われがちだが、買い方にもこだわりを持つことが重要。
いくら予想が当っていても、買い方が悪ければ大きく損をすることさえあるし、不的中になることさえある。
そのぐらい買い方は重要。

それでは私が勝負馬券にしている券種について見ていこう。

単勝

1着を当てる馬券。
見た目の配当は低いが、実は当たると大きい。
三連単を一点100円で10000円分買って、50000円の配当を受けるのと、単勝オッズ5倍の馬を10000円買って50000円の配当を受けるのとでは、同じ価値がある。
どちらが簡単かは、よく考えなくてもわかるだろう。

複勝

1着〜3着を当てる馬券。
馬券的中範囲が広く、全ての券種のなかでも一番配当が安い。
故に的中率も高い。
的中率が高いので、私自身のメンタルを保持する役割もある。
ただ複勝だけで収支をプラスに持っていくのは、かなり難しいと考えている。
人気馬で買うときは、単勝が外れたときの保険という位置づけ。
どうしても気になる穴馬がいるときは、複勝1点で勝負することもある。
複勝の利点は、人気馬が飛んだときに配当がハネること。
馬券に絡んだ馬が穴馬であればあるほど、配当がハネる度合いが大きい。

ワイド

私が唯一買う連系の馬券。
1着から3着になる馬を2頭選べれば的中。
故に的中馬券は1-2着、1着-3着、2着-3着の3通り。
買い方次第では、ダブル的中・トリプル的中もあるのが特徴。
相手を選定する精度が高ければ、単勝の保険にもなるし、人気薄同士の組み合わせであれば、高配当も見込める。
色々な使い方ができる、万能的な役割を担う。

まとめ

単勝の所でも書いたように、オッズの高い馬券を獲ったからと言って、儲かるというわけではない。
確かに三連単は爆発力があるが、三連単特有の爆発的な馬券を獲るには、かなりの忍耐が必要であるし再現性も乏しい。
相手抜けが頻繁に起こるので、効率も悪く無駄が多い馬券だと考えている。

今日紹介した馬券なら、相手抜けになる可能性を限りなく減らすことができる。
高配当を得たければ、多点買いをするよりも一点に多くの資金を入れたほうが効率がいい。
的中率も上がり競馬を楽しめるし、メンタル面でも安定が見込める。

こういった理由で、私は勝負馬券に単勝・複勝・ワイドを推奨している。
次回は各馬券をどういった方法で使用しているのか、私なりの馬券術を書いて行きたいと思う。





負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000