今日は阪神大賞典

CHELSEAです。

昨日は阪神競馬場に行ってきましたよ。

天気も良く、とても気持ちが良かった。

馬券成績はそこそこ。

また時間があれば、競馬場に行ってみたいと思っています。

やっぱり現地観戦はいい。


今日は重賞の「阪神大賞典」があります。

予想に挑戦してみようかと思います。

まず印から。


◎サトノクロニクル

〇アルバート

▲ムイトオブリガード

△クリンチャー


予想のポイントは脚質と有馬記念組。

阪神大賞典は先行決着になることが多く、前に言った馬が有利。

有馬記念に出走した馬が好走することが多い。


◎のサトノクロニクルは、安定して先行競馬ができますし、前走有馬記念でも勝ち馬とは0.7秒差と大きくは負けていない。

父ハーツクライ×母父ロベルト系ならば、長距離もむく。

同じ長距離戦の菊花賞での凡走は、不良馬場でのもので敗因は説明がつく。

人気にならない今回は、非常に配当妙味があるでしょう。


アルバートとクリンチャーの選定理由は、単純に長距離実績でのもの。

アルバートは初阪神、クリンチャーは圧倒的人気になりそうということで、正直買いたくない馬ですね。


ムイトオブリガードは前走の勝ち方が圧巻。

走破時計も優秀。

いきなりの重賞だが、逃げれそうなのもあり、穴馬としてはかなり期待している。

クリンチャーを外された藤岡祐には、意地を見せてほしいところ。


馬券の買い方はまず

◎サトノクロニクルの単複。

ワイドで◎→印

こんな感じで攻めてみたい。


このブログを立ち上げて、初めての重賞。

なんとか的中して勢いをつけていきたい。





負けない、そして勝つ競馬。~Not Lose & Win~

競馬で儲かけるには、まず負けないことが重要だと考えます。 そのためには、ある程度の的中率は必要。 三連係の馬券は買いません。 勝負馬券の中心は、単勝・複勝・ワイド。 攻撃と防御をバランスよく行うことが、競馬で安定して勝つ唯一の方法です。

0コメント

  • 1000 / 1000